横山秀夫さんシリーズ。

横山秀夫「64」

たまたま買った横山秀夫県警シリーズ「震度0」が超絶面白かったので県警シリーズを大人買いした中の一冊です。

NHKでドラマ化しているのをそのすぐあと知りました。しかも、コウイチ・サトウ主演で映画化ですと!

一時期凄く好きでした、佐藤浩市さん。しかし「壬生義士伝」のころには熱は引いていましたねぇ…一応流し見はしましたけども…
ちなみに「壬生義士伝」は何といってもテレ東派。
ケン・ワタナビーのああいう系の演技にふぞろい林檎さんは敵いませんわね。

とにかく中井貴一と佐藤浩市出しとけ、みたいな感でドラマも映画も軒並み出まくっていて飽きちゃったんですね。


それにしても64(ロクヨン)の主役は敏腕ですが鬼瓦と言われるような容姿の警察官さん。(鬼瓦ってあんまりだけどさ)
なのに改変しちゃうんだね。
娘の話は薄くして事件に重きを置くのかな?


この県警シリーズ、特に短編は非っ常~にシビアです。
結末も「解決したね、よかったね!」ではなく、
現実社会と同じで「何も解決はさせていない」ところが、文章になるとさらにやるせなくて哀しくて何とも言えません、
グッときて、そこが好きです。

事件とも言えないような日常の雑事が起きます、
主人公たちにとってはそれは割と大きな出来事として物語が進んでいくし、心も揺れるし熱くもなるんですね。
けど熱い気持ちになったところで、自分を取り巻く現状は、すぐには、どころか、もしかしたらこの先変わらない。
だけど雑事によって自分だけは割と大きな心の痛手を負ってしまうという…

どんな業界であっても仕事してる人間なら凄く分かるもどかしさなので
こんな荒波で働いているんだよな…と、読後男の人に優しくしたい!と思ってしまいます。(女性主人公も出てきますが)

いくつかの作品に共通して登場する、エース警視:二渡 真治がイイです、
作品ごとに主人公の立場が違うので彼らが二渡さんを見る角度も持っているイメージも違うんですがそれが面白い。
事実はまた違うのに、その作品内では二渡はそういう人間という風に見えるんですよね。うまいなー。
ちなみに映画では仲村トオルさんが二渡役です。

うーん…。64での二渡はもうちょっと暗い、怖い、影のある、シュッとしたイケメンが良かったかな?





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック