謙さん。

いやあ、会見てほんとにいいですね。


渡辺謙さんが胃がんからの復帰の会見を行ったそうです。


昭和の時代は何か節目節目に会見していましたが、色々訊かれるのが「うぜー」という風潮なのでしょうか
ブログ、FAXのお知らせのみの人ばかり、
さらには、復帰作の制作発表等々、公の場でも「その話題触れるな」的な雰囲気であることは、
結婚会見の話題の時も触れました。
記事こちら→「芸能人の結婚会見を考える」http://73180076.at.webry.info/201512/article_2.html


節目節目にハッキリ世間にお話するほうが、それで終わりになるから楽なのにと思う訳んですがね。
エライんだから、一方的に話すのことでいいよねと記者の方とも取り決めればいいんだし。




がん体質なのか、それとも恐らく健康には気を遣ってらっしゃるはずなのにそれすら追いつかないほどのものすごいストレスに晒されているのか。


凍り付きましたね。今なるのか、と。
しかも割とドキドキの部位「胃」に。


白血病公表の時は、子供ながらに「ええっ?!ま、正宗が・・・・あわわわわっ」となっていました。
治る病気ではありますが、「不治の病」という認識は中々なくなりませんしね。

その後ボーダーラインと言われる5年が過ぎ、ちょっとだけホッとしてきて、
そのあとおうちのゴタゴタやら、Vシネなんかにも出たりして色々不遇だったのかもしれませんが、
現在の快進撃は言わずもがな。

そこに今回の胃がんの公表。


余談ですが、夜眠らないとガンになると聞いたことがあります。
人間誰しも日々ガン細胞は出来ているんですが、寝るとなくなるんだとか何とか。
だから夜の時間に寝ない芸能人の死因てほぼガンじゃありませんか?
嘘かほんとか知りませんが一理あるなと思います。


世間が「ま、また・・・?」とかなり動揺しながらも静かに動向を見守っていたところに、
ちゃんと会見なさるところがいいです。


こうでしたよ、こうですよ、頑張りますね。

簡単な説明だけでも安心しますし、何より姿を見られるというのがいいですよね。
結婚会見もそうですが、視聴者にとってはその話をしているその姿を見るのもとっても大事。


「王様と私」のPR動画のようなもの見ました。
英語が聞き取れないとか批評されていますが、あの目力と風貌は才能です。

ちなみにコメディも好きですよ。
NHKの温泉の話?西田敏行さんと共演したやつ、好きでした。
相方が超上手い方だとさらに際立つんですよねー


手術したって怖いもんは怖い、死の恐怖って想像を絶しますよ。

でもこれからまだまだ20年はいけます、応援しています。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック