暁のヨナ。

読んでます。

絵柄はとっても綺麗、少女漫画~!!って感じでね。

アニメも所々見ました。
綺麗すなぁ。
で、なんか懐かしいというかね。
王道なかんじだからでしょうかね。


それにしても


あまりにもヨナさんがハクの好意に気づかないのが不自然ではありました^^;
去年あたりからやっとヨナさんが自覚始めたという…

恋要素が少なくても続くのは物語が面白いからでしょうね。
敵役の人柄を上手に魅力的に、誰が見ても憎い、悪の権化に描けると
物語が良くなる、だったかな?なんかそんなことを聞いたことがあります。

今は、ヨナ、スウォンがお忍びで各地を改革するのが主になっていますが、
もともとは過激にも現王を暗殺して王になったスウォン。

緋龍王にそっくりなスウォン。
ヨナとは結婚させられない事情。




スウォン・ヨナ兄妹かしら。
スターウォーズ、ルーク&レイア的な。

異父兄弟か、もしくは、ヨナ自体、イル王の子ではなく、その弟のスウォンの父親の子なんかしら。


戦いを好まず、厄介には手を出さず、国をほったらかしている愚帝と言われているだけで、
普通殺しませんわな。
なんかの事情でイル王が弟であるスウォンの父親を殺して、それを知ったから仇討ちしたのかな~とか。
けども、リリの回で「かたき討ちではないのかも…」と言ったりしてますしまだ何だかあやふや…


それにしてもスウォンの声担当の小林裕介さん
スウォン味が存分に出ていますねー


イル王殺害の頃の時期の話し方、殺伐とした場面でなくても
「優しいけど、どこか冷たいという感じの雰囲気」はもう素晴らしかったです…
でもその特Aの演技の時から暫くして登場したときは、
その優しさ冷たさ大人っぽいの絶妙バランスがなくなっていて
アルスラーンと被るような時期もあったので……、もう一回、頑張れ。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック