ボンドは誰がなる。

ガラッとジェームズ・ボンドのイメージを一新させ
さらに硬派なボンドとして高評価を得たダニエル・クレイヴの後任争いがひっそり行われております。

ダニエルボンドの場合、作品のクオリティ自体も凄く良かったので追い風で良かったんですよね。
「スカイフォール」ですよ。洒落てますよ、タイトルがね。


http://www.cinematoday.jp/page/N0085802 ←こちらに候補者と言われる方が勢ぞろいしています。

私一押しのエイダン・ターナーさん
1983生まれの33歳ということでボンドとしては若いです。
画像


ルーク・エヴァンスさん
1979年生まれの37歳、いい頃合い。
画像


本命らしいマイケル・ファスベンダーさん
1977年生まれの39歳、男盛りです。
画像


ただねー、エイダンさん以外は、ちょっと気を抜くと結構変なというかひょうきんなお顔になってしまう…

ボンド的にはいつもどんな時も完璧なお顔イメージがあるので、
アクション時の危機の時や不意の時でもシュッとしたお顔の人がいいなーと思ったりしています。
あとは、必ずあるボンドガールとの絡みの際もスマートかつセクシーな雰囲気が出せる人がいいんでしょうね。
悪女と分かっていながらハマってあげる器のデカさも見せつつ、
「なんだかんだ言って女大好きー」なアホな面も見せていたピアーズ・ブロズナンは軟派やり手ボンドで最強でしたね。

そんな自分は面白発明諜報員のおじいさんQが中々好きでした。
画像

Qといえばこの顔だったのですが、お亡くなりになってから助手の「R」っていうのが出ていて、その後その「R」がQになったとウィキで見てビックリ。
そうなの?

そして現在は日本の理系男子を具現化したようなベン・ウィショーがQを演じとります
画像

キャーキャー言うファンのお声が聞こえてきそう。
イケメンはヨレヨレ眼鏡でもイケメン度がアップするだけだと痛感。

このリケダンQが最年少の31歳だったということで、私の一押しのエイダン・ターナーはボンドになり得ない予感…
ボンドもQも若手だったらきっとダメなんだろうな。
いやいっそ、この際Qより若くしてしまって、チャラボンドの成長物語にしちゃうとか…
アレックス・ペティファーさん(26)イギリス出身です、どうですか?
画像

画像


Qとの絡みオンリーでいえば面白そうなのは初の黒人ボンド期待のイドリス・エルバ(44)さんですが、
この雰囲気とお年のスタイリッシュアクションやセクシーシーンを見るのは厳しいなぁ
ごっついアクションならまだ平気なんですけどもね
画像


ともあれ名前が上がっている人以外にもきっと水面下で動いているんでしょう、どんなボンドが来るのか楽しみです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック