娚の一生。

キスやセックスしそうな色気を持ち、
そういうシーンでも「う…初老のセックス気色悪い」と思わせない絵面を保てるover45の関西弁ネイティブな俳優さん。


いない笑


というわけで、「脚舐め」でバンバン宣伝していた「娚の一生」です。

大半の意見通り、つぐみ役に榮倉奈々さんはない。
綺麗だし、つぐみっぽく頑張っているけど、いかんせん「凛とした」感じがゼロです。
一流企業でやり抜いていた努力家やり手のつぐみ感はゼロですねぇ。滑舌しっかりしたらもうちょっといけたのかも。
腹式呼吸頑張れ!



― 君、そこそこ綺麗やのにうんたらかんたら ―

「やのに」、いいねぇ、関西弁いいねぇ



ファンの方の間では、「私の海江田さんは、こんなのじゃないわっ!」などと言われているのかも
しれませんが、
豊川悦司さん、とってもいいと思うんですけどね。(すでに骨抜き)

映像から入ったクチですが、これを機に西炯子さんの作品も数冊読みました。
割とファンタジーな感じなんですね。
ぜってーねーし、っていうところから始まるけど、そこかしこにリアリティはあるという。


さて、上述の、キスやらセックスやらをしても「うぇっ」ってならない俳優さん。
初老以上の方って、その方自身は凄く素敵でも、
枯れた容姿に肉欲感ダダ漏れが悪いギャップになって、キスセックスが非常に生々しい。
そこがすんなりいく方って誰ぞ。

関西弁ネイティブではないけど
奥田瑛二さん・・・・・ちょっとエロすぎ?けども、容姿○、インテリ感○、枯れ感○、色気○。どうでしょ?

若すぎるけど
椎名桔平さん・・・・世捨て感○、飄々感○、容姿○、色気○。

蔵ノ介とかはネイティブだけど、ちょっと力強過ぎるし枯れとは違う。
容姿重視でファンの方からの支持が多かった大杉漣さんは、キスやらセックスやら「うぇっぷ」となってしまう…

そう考えると、ベストチョイスじゃあないですか?(骨抜き)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック