やっぱりいい声ダリューン~アルスラーン戦記等~

タイトルそのままです。

やっぱりいい声~。
死体がどうのこうのという映画?の主役(project Ito)ということでその予告を見ました。
やっぱりいい声だよ、なんか特徴的な感じで、けど男前っ!って感じで。


で、少しアニメ熱が復活してきました。


実は…
どういう業界なのかよくわかりませんが、どうもコネというかそういう感じなのかな?
この人は…この役じゃなくていいんじゃないの?と思ったりしても(銀仮面とかさ)発表されるアニメのお声はどれもこれも同じ人ばかり。
声優さん人気に便乗してアニメに絡んだすべてのもの(グッズ?など)から¥をむしり取ってやるぜ!感が見えたり、役にあった新しい人って出ないのかしらと思ったらちょっとうんざりしていて
アニメ見逃しがちでした…。



でもまあ、業界のことはよくわからないのでほっといて、面白い話はちゃんと面白いので回数溜まっていた分を見ました。


ひとつ前の期間は「アルドノア・ゼロ」が面白くてずっと見続けていました。
が、まさかの最終回がなんじゃこりゃ状態でしたっけな。


今回は「終わりのセラフ」が面白くて見続けていました。秋に続きをやるんですね。
単純にお話が面白いです。絵が綺麗だし。
ひとつ前の期間は「アルドノア・ゼロ」が面白くてずっと見続けていました。
が、まさかの最終回がなんじゃこりゃ状態でしたので、これはどうなのか?
まだ原作は続いているので10月の分も途中で終わりですかね。



あとは心配していた「俺物語」、上手に作ってあって原作の面白さがちゃんと表現されていて、笑えます。


「ダイヤのA」、引き伸ばしが顕著でちょっと見続けるのに挫折しそうです。
が、挫折しそうなところでうまくお話が転換してギリギリ保っています。が、引き伸ばしはそろそろ限界でしょうねー。
有名な声優さんがぞろぞろと敵校として登場してきて楽しいです。
あとはやはり、敵校監督さんの芸達者感とかが聞きどころです。

「アルスラーン戦記」今は地味に淡々と進んでるのでちょっと停滞気味か。
あとは、山賊の女子が入ってから一気にアニメアニメ感が出てしまって安っぽくなりましたね…
端役のような人もしっかりした声の方ばかりで重厚な雰囲気だったのに残念。
あの子はレギュラーなのかねぇ。いらないんだけどねぇ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック