神フェロ奥田瑛二、後継者は。

「細胞レベルで恋、してる?」

はいどうも、恋もくそもない主です。


奥田瑛二さん、一時期ものそりゃもうすっごいフェロモンでしたが、
ちょっとすっとぼけた、とか威厳だけあってオジサンオジサンした役が多かったり、
トーク番組でも害のないおじいさんになってらっしゃった印象で、
おじいさんになったなー、フェロモン枯れたのかな。と思っていました。



がっ!!


「枯れてない、隠してた」(ブルゾン風に)


先日放送されたNHK「ファミリーヒストリー」のゲストで出演されていました。

もう登場からむんむんとフェロモンがあふれ出てまして、最初「あれ?」っという感じ。
「?!・・・・まさか、、自在に出せるのか・・・?」(能力者扱い)
お母さま方の祖父が遊郭行っちゃうような、まあよく言えば洒落者の方だったと判った時の顔とか
もう・・・・


66歳?・・・・・たぶん平気。いける。
というか、たぶん万が一にもお会いしてあっちが平気であればこっちからお願いするんだろう。


目を見たら妊娠する~とはよく言われたもんで、もうそう言われる人は神レベル。

ちょっとアンニュイにしたり、甘い表情してみたりして、おうっと思う色気が出るレベルの方もいますが、
目を見て妊娠は、もう存在自体がフェロです。


よく言われるのは火野正平さんですね。こちらもすっかり自転車の気さくなおじいさん、という感じですが、
要所要所で出る「あの目」、優しいというか、見透かすというか、何とも言えない顔されます。
あの顔で優しく会話されたらきっとついて行く。


さて、今の中年以下の俳優さんで、色気推ししていないのに存在がエロい、という方、いますでしょうか?

中々いませんよね。
男だからみんな女が好きなんですが、それとは違うレベルで女が好きでないと神フェロモンは出ません。
好みの女や若い女以外には冷たい、とかビジネス女好きでは出ませんから、今の男性には中々難しいのかなと思います。

やっぱり昭和と平成の違いかなと思ったりします。
カーストで自分の容姿に合った子としか接してない,、そのまま綺麗な子が多い芸能界に入った今男子、
とにかくブーの割合が多くて芸能人でも色々な容姿の人が混在していた環境の昭和男子では、
女の人に対する欲求というか、女の見方というかそういうものの強さが違うような気がします。



例えば、昔で言うところの、
昭和のレトロ感漂うイモでブスなお手伝いさんが玄関掃除をしている姿にすら抱きたくなる感情をもつレベルで「女」が好き、

その辺でほっかむりして草むしりしているずっしりしたおばはんにさえ色気を感じてしまうレベルで「女」が好き、

もうどんな年齢のどんな容姿の女の人でも何かしている様子をかわいいと思えるほどのレベルの人というか・・

※画像は関係ありません
画像



そうかといって神フェロ男性はただのエロオヤジとは違うところがミソですね。
※ただしイケメンに限る、ではないですけど、なんでしょうね。
すべての「性別が女」の人に優しい(と思わせる要素)も神フェロの条件な気がします。


今女好きといえば、山田孝之さんとか?バラエティで生おっぱい判定してましたしね。俳優なのにね。
クローズでもものすっごい色気ですが、でもなー面食いっぽいから神フェロまではどうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック