武田・黄門・鉄矢。

山田孝之さん綾瀬はるかさんが出演していた「白夜行」の刑事役で
あの山田孝之さんをも喰らうような演じっぷりで
「役者・武田鉄矢ここにあり」を改めて知らしめていたのが印象的です。
ただの毒舌じいちゃんじゃないぜ、っていうね。

そのあと「JIN-仁-」にも出てましたね、あの先生も良かった。


金八先生はわたし未視聴でして、私の中では「幸せの黄色いハンカチ」の若者役がインパクト大。


高倉健さんがお亡くなりになった頃にやたら再放送していたのでよく見ましたが、まーほんとに芸人(笑)
高倉健さんがリアル笑いしちゃってるようなところもあったり、
四季がとっても綺麗に撮られていたり、ちょっとした場面にギュっとなったり、
年取ってから観たら凄く面白い映画でした。


しかしあの映画、初めてまともに最後まで観たんですが、ラストシーンが
桃井かおりさんと武田鉄矢さんの生っ々しいキスシーンであることに衝撃を受けました

てっきり、高倉健さんがおうちに帰る後ろ姿の引きかなーと思っていたらまさかのぶっちゅーぅ…


車の中に映像が変わって、え?え?まさか…まじか?…いやーぁ!ってなりました笑
かなりヌメリ感がある画です…



キスシーンにはオエッとなる私、でも武田鉄矢さんが好きだったころがあります。

楠木正成でーす


真田広之さん主演のNHK大河ドラマ「太平記」に出演していたときの楠木正成役の武田鉄矢さんが好きでした。

しかし当時周囲に「武田鉄矢いいよねぇ」と言っている幼子は皆無でね…


ゲリラ戦法の河内の侍っていう情報だけしか覚えていませんが、
とにかく知恵者な庶民派な感じがすごく嵌っていて、武田鉄矢氏という認識はあったのに
「かっこいい…」とドラマ内の楠木正成に惚れていた。

見た目じゃない、才能に惚れていたんだね、子供のわたし。


尊氏と後醍醐天皇の混乱に巻き添えくらっちゃって、死ななくていいのに死んじゃった印象で
幼心に無念を感じていました。


今、白夜行繋がりなのかTBSドラマ「リバース」で、元刑事のジャーナリスト役をやっていますね。


そしてなんと武田鉄矢さんが黄門さまを…。


黄門まだやんの?! ってそこに驚いていますが
もういいんじゃないの? さすがに今の50オーバー世代も、
激動の時代の荒波に揉まれてるから勧善懲悪、カッカッカ!でオシマイのぬるいストーリーでは物足りないのでは…

バラエティの武田さんみたいに、助さん格さんオタオタさせながら文句タラタラで毒吐きまくりで全国行脚していたら面白いのに笑

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック